本文へスキップ

佐賀県他、大川、柳川、久留米なども対応地域として営業しています。企業経営、就業規則、労務管理、労働・社会保険手続き、給与計算などでお悩みなら、当事務所にご相談ください!

TEL:0952-60-3464

〒840-0055 佐賀県佐賀市材木二丁目1−4

障害年金お役立ち知識_事後重症と併合認定

トップページ業務案内障害年金受給申請(裁定請求)サポート > 障害年金お役立ち知識(事後重症と併合認定)
「事後重症と併合認定」に関する内容について、解説しています。

障害年金申請のご参考にしてください。

事後重症の制度

初診日から1年6ヶ月経過した障害認定日において、障害年金の障害等級に達していなくても、その後に障害の状態が悪化した場合は、この事後重症の制度によって障害年金を受給することができます。

事後重症制度の特徴

事後重症の制度は、通常の制度と比較すると、次の特徴があります。

1.請求した日に受給権が発生するため、年金の支給開始時期はそれからとなる。通常の制度は障害認定日に受給権が発生するので、請求手続きが遅れても、遡及して年金を受給することができます。

2.65歳に達する日の前日までに請求しなければならない。

複数の障害を生じた場合

複数の障害を生じた場合には、それぞれの障害を併せて1つの障害として認定されます。これを併合認定といいます。

それぞれの障害ごとに障害年金がもらえるわけではありません。

併合認定

併合認定の主な例です。

2級障害 + 2級障害 = 1級障害

3級障害 + 3級障害 = 2級障害

なお、既存の障害と後発の障害を併合した結果、65歳に達する日の前日までに、はじめて障害等級2級以上となったときは、65歳を過ぎてからも請求することが可能です。

事後重症の制度では、請求期限が決まっています。

総合認定

内科系の疾患による障害の場合は、複数の障害を総合的に判断して認定する場合があります。
メニュー(障害年金お役立ち知識)へ

お問い合わせはこちらへ

お問い合わせへ|社会保険労務士 暁事務所


顧問企業様専用ページ

業務案内

採用情報

アクセス

社会保険労務士 暁事務所 〒840-0055 佐賀県佐賀市材木二丁目1−4 TEL:0952-60-3464 FAX:0952-60-3465 営業時間:平日09:00〜17:30 ご相談、お問い合わせはこちらへ

社会保険労務士(社労士)(業務内容一覧)
◆社会保険労務士顧問契約
◆給与計算サポート
◆就業規則の作成
◆労使協定の作成
◆労務管理サポート
◆労働・社会保険の手続き
◆行政調査対応
◆コンサルティング
◆雇用に関する助成金の申請

障害年金受給申請(裁定請求)サポート

労務管理&システム&サポート
◆労働時間集計システム
◆給与・賞与計算システム
◆有休管理システム

CUBIC(適性検査)

高齢者最適給与シミュレーション

社会保険労務士(社労士)による無料相談

営業時間外の出張相談サービス

起業(独立・開業・創業)予定者向けサポートプラン

給与計算&賃金制度無料診断サービス

企業経営のための残業対策
◆よくあるNGケース(運用上の誤り)
◆よくあるNGケース(制度の誤解)
◆よくあるNGケース(計算間違い等)

医療機関の労務管理をサポート

福祉施設の労務管理をサポート

飲食業界の労務管理をサポート

法改正情報

情報提供、お知らせ等

人事労務カレンダー

佐賀県佐賀市の地域支援情報等

労務書式ダウンロード

人事労務の基礎知識

助成金お役立ち知識

障害年金お役立ち知識

その他お役立ち知識

社会保険労務士個人情報保護事務所|認証番号:1600803