本文へスキップ

佐賀県他、大川、柳川、久留米なども対応地域として営業しています。企業経営、就業規則、労務管理、労働・社会保険手続き、給与計算などでお悩みなら、当事務所にご相談ください!

TEL:0952-60-3464

〒840-0055 佐賀県佐賀市材木二丁目1−4

人事労務の基礎知識_配置・転換

トップページお役立ち人事労務の基礎知識 > 配置・転換
労働者の配置・転換について、主な基礎知識を解説しています。

使用者の配転命令権とは

労働者が企業に入社すると、最初の配属先と職種が割り当てられます。そして、その後の人事異動によって部署や職種が変わっていきます。

この使用者による配転命令権ですが、「使用者が労働契約上、当然に有する権限」とする考えと、「就業規則等に明記することで使用者に与えられる権限」とする考えの2つがあります。

いずれの考えによる場合でも、後者の考えをとって、就業規則等に明記しておいたほうが、より具体的に配転命令を行使することができるようになります。

ただし、配転命令が権利の濫用とならないか、個別の労働者との間で特約がないか、というところには気をつけなければなりません。

配転命令による権利の濫用とは

配転命令権が使用者にあっても、労働者とトラブルになり、権利の濫用と認定されてしまうと無効となります。権利の濫用かを判断する基準としては以下の3つがあります。

業務上の必要性はあるのか
労働者の被る不利益の程度
不当な動機や目的がないか

配置・転換による特約とは

配転命令権が有効に使用者にある場合には、労働者の同意は必要ありませんが、個別の労働者との労働契約の締結にあたって「人事異動を行わない」旨の特約があれば、その変更をする場合には労働者の同意が必要となります。主な特約としては以下の2つがあります。

職種限定の特約
勤務地限定の特約

在籍出向と移籍出向の労働者の同意

在籍出向(出向)とは、労働者との労働契約関係は継続したまま、別の企業で勤務してもらうことをいいます。

これに対し、移籍出向(転籍)は労働契約関係が終了するところが異なります。

在籍出向の場合は就業規則等に出向を命じる旨の定めがあれば労働者から個別の同意を得なくてもこれを行うことができますが(出向中の労働条件等への配慮は必要)、移籍出向の場合は労働契約関係が終了するという重大な変更となりますので労働者の個別の同意が必要となります。

メニュー(人事労務の基礎知識)へ

お問い合わせはこちらへ

お問い合わせへ|社会保険労務士 暁事務所


顧問企業様専用ページ

業務案内

採用情報

アクセス

社会保険労務士 暁事務所 〒840-0055 佐賀県佐賀市材木二丁目1−4 TEL:0952-60-3464 FAX:0952-60-3465 営業時間:平日09:00〜17:30 ご相談、お問い合わせはこちらへ

社会保険労務士(社労士)(業務内容一覧)
◆社会保険労務士顧問契約
◆給与計算サポート
◆就業規則の作成
◆労使協定の作成
◆労務管理サポート
◆労働・社会保険の手続き
◆行政調査対応
◆コンサルティング
◆雇用に関する助成金の申請

障害年金受給申請(裁定請求)サポート

労務管理&システム&サポート
◆労働時間集計システム
◆給与・賞与計算システム
◆有休管理システム

CUBIC(適性検査)

高齢者最適給与シミュレーション

社会保険労務士(社労士)による無料相談

営業時間外の出張相談サービス

起業(独立・開業・創業)予定者向けサポートプラン

給与計算&賃金制度無料診断サービス

企業経営のための残業対策
◆よくあるNGケース(運用上の誤り)
◆よくあるNGケース(制度の誤解)
◆よくあるNGケース(計算間違い等)

医療機関の労務管理をサポート

福祉施設の労務管理をサポート

飲食業界の労務管理をサポート

法改正情報

情報提供、お知らせ等

人事労務カレンダー

佐賀県佐賀市の地域支援情報等

労務書式ダウンロード

人事労務の基礎知識

助成金お役立ち知識

障害年金お役立ち知識

その他お役立ち知識

社会保険労務士個人情報保護事務所|認証番号:1600803