本文へスキップ

佐賀県他、大川、柳川、久留米なども対応地域として営業しています。企業経営、就業規則、労務管理、労働・社会保険手続き、給与計算などでお悩みなら、当事務所にご相談ください!

TEL:0952-60-3464

〒840-0055 佐賀県佐賀市材木二丁目1−4

人事労務の基礎知識_ハラスメント

トップページお役立ち人事労務の基礎知識 > ハラスメント
職場のハラスメントについて、主な基礎知識を解説しています。

ハラスメントの分類

ハラスメントとは、相手に迷惑をかけること、つまり嫌がらせのことをいいます。職場で起こるハラスメントは、大きく3つに分類することができます。

<セクシュアル・ハラスメント(セクハラ)>
意に反する性的な言動や行為による嫌がらせのことをいいます。大きく分けると対価型と環境型に分類することができます。対価型は解雇や降格、減給など人事処遇に対する不利益を受けることです。環境型は就業環境が不快なものとなり、能力の発揮に悪影響が出るなどの支障が生じることです。

<パワー・ハラスメント(パワハラ)>
例えば上司と部下などの関係で、職権を背景に人格を侵害する言動を繰り返し行い、過度な精神的負荷を与え、就業環境を悪化させる行為をいいます。

<モラル・ハラスメント(モラハラ)>
精神的な苦痛全般のことをいい、言葉や身ぶり、態度などによって他人の人権や尊厳を侵害する精神的な暴力や虐待のことをいいます。

使用者の法的義務

セクハラについては、男女雇用機会均等法によって、使用者の義務として「労働者からの相談に応じ、適切に対応するために必要な体制の整備その他の雇用管理上必要な措置を講じなければならない」と定められています。また、厚生労働省の指針として、使用者がとるべき措置を以下のとおり示しています。

@使用者の方針の明確化及びその周知と啓発
A相談・苦情に応じ、適切に対応するために必要な体制の整備
B職場におけるセクハラにかかわる事後の迅速かつ適切な対応
Cその他、@〜Bの措置に併せて実施すべき措置

セクハラ以外については、法律として明確に使用者に責任を求める義務付けがなく、法的な定義というものもありません。しかし、放置したままや、誤った対応をすれば、労働契約法による安全配慮義務の観点から使用者の管理監督責任が追求される可能性はあります。

快適な職場を形成するためにも社内規定によってセクハラと同じような対策を講じておいたほうがよいでしょう。

メニュー(人事労務の基礎知識)へ

お問い合わせはこちらへ

お問い合わせへ|社会保険労務士 暁事務所


顧問企業様専用ページ

業務案内

採用情報

アクセス

社会保険労務士 暁事務所 〒840-0055 佐賀県佐賀市材木二丁目1−4 TEL:0952-60-3464 営業時間:平日09:00〜17:30 ご相談、お問い合わせはこちらへ

社会保険労務士(社労士)(業務内容一覧)
◆社会保険労務士顧問契約
◆給与計算サポート
◆就業規則の作成
◆労使協定の作成
◆労務管理サポート
◆労働・社会保険の手続き
◆行政調査対応
◆コンサルティング
◆雇用に関する助成金の申請

障害年金受給申請(裁定請求)サポート

労務管理&システム&サポート
◆労働時間集計システム
◆給与・賞与計算システム
◆有休管理システム

CUBIC(適性検査)

高齢者最適給与シミュレーション

社会保険労務士(社労士)による無料相談

営業時間外の出張相談サービス

起業(独立・開業・創業)予定者向けサポートプラン

給与計算&賃金制度無料診断サービス

企業経営のための残業対策
◆よくあるNGケース(運用上の誤り)
◆よくあるNGケース(制度の誤解)
◆よくあるNGケース(計算間違い等)

医療機関の労務管理をサポート

福祉施設の労務管理をサポート

飲食業界の労務管理をサポート

法改正情報

情報提供、お知らせ等

人事労務カレンダー

佐賀県佐賀市の地域支援情報等

労務書式ダウンロード

人事労務の基礎知識

助成金お役立ち知識

障害年金お役立ち知識

その他お役立ち知識

社会保険労務士個人情報保護事務所|認証番号:1600803