本文へスキップ

佐賀県佐賀市の社会保険労務士 暁事務所です。障害年金の受給申請に関するサポート業務についてご案内しております。また、障害年金についてのお役立ち知識も掲載しておりますのでお気軽にご覧ください。

TEL:0952-60-3464

〒840-0055 佐賀県佐賀市材木二丁目1-4

障害年金お役立ち知識_事後重症と併合認定

トップページ業務案内障害年金受給申請(裁定請求)サポート > 障害年金お役立ち知識(事後重症と併合認定)
「事後重症と併合認定」に関する内容について、解説しています。

障害年金申請のご参考にしてください。


事後重症の制度

初診日から1年6ヶ月経過した障害認定日において、障害年金の障害等級に達していなくても、その後に障害の状態が悪化した場合は、この事後重症の制度によって障害年金を受給することができます。

事後重症制度の特徴

事後重症の制度は、通常の制度と比較すると、次の特徴があります。

1.請求した日に受給権が発生するため、年金の支給開始時期はそれからとなる。通常の制度は障害認定日に受給権が発生するので、請求手続きが遅れても、遡及して年金を受給することができます。

2.65歳に達する日の前日までに請求しなければならない。


複数の障害を生じた場合

複数の障害を生じた場合には、それぞれの障害を併せて1つの障害として認定されます。これを併合認定といいます。

それぞれの障害ごとに障害年金がもらえるわけではありません。

併合認定

併合認定の主な例です。

2級障害 + 2級障害 = 1級障害

3級障害 + 3級障害 = 2級障害

なお、既存の障害と後発の障害を併合した結果、65歳に達する日の前日までに、はじめて障害等級2級以上となったときは、65歳を過ぎてからも請求することが可能です。

事後重症の制度では、請求期限が決まっています。

総合認定

内科系の疾患による障害の場合は、複数の障害を総合的に判断して認定する場合があります。
メニュー(障害年金お役立ち知識)へ


お問い合わせはこちらへ(社会保険労務士 暁事務所)
お電話からのお問い合わせはこちら
☎0952-60-3464
(受付時間:平日09:00~17:30)

メールからのお問い合わせはこちら
✉メールフォームへ
コールセンター|社会保険労務士 暁事務所(佐賀県佐賀市)
お気軽にお問い合わせください…


<スポンサーリンク>

<スポンサーリンク>