本文へスキップ

佐賀県佐賀市の社会保険労務士 暁事務所です。障害年金の受給申請に関するサポート業務についてご案内しております。また、障害年金についてのお役立ち知識も掲載しておりますのでお気軽にご覧ください。

TEL:0952-60-3464

〒840-0055 佐賀県佐賀市材木二丁目1-4

障害年金お役立ち知識_初診日と障害認定日

トップページ業務案内障害年金受給申請(裁定請求)サポート > 障害年金お役立ち知識(初診日と障害認定日)
「初診日と障害認定日」に関する内容について、解説しています。

障害年金申請のご参考にしてください。

初診日とは

初診日とは、障害の原因となった傷病について、初めて医師の診療を受けた日のことをいいます。

病院を転院したような場合は、最初の病院の医師に初めて診察を受けた日ということになります。

その他は、会社の定期健康診断で異常が発見され、その実施医療機関の医師から治療に関する指示や精密検査を受けるように指示が出た場合は、健康診断を行った日が初診日となります。

初診日の役割

障害年金制度においての初診日は、次の場合のように大変重要な役割を持っています。

1.初診日に加入している年金制度によって、その後にもらえる年金が決まってきます。国民年金に加入していたら障害基礎年金のみとなり、厚生年金に加入していたら障害基礎年金と障害厚生年金となります。

2.障害年金を受給するための保険料納付要件をみる日となるのが、初診日の前日となります。

3.初診日から1年6ヶ月経った日が障害認定日となります。初診日が不明であると、その後の障害認定日も決まらず、障害の状態についての評価ができませんので、障害認定を受けることができなくなってしまいます。

4.初診日が20歳前にあるかないかで、20歳前障害の制度が適用となるか否かが決まってきます。

障害認定日とは(原則)

障害年金を受給するにあたって、障害の状態を判断する日のことを障害認定日といいます。

原則として、初診日から起算して1年6ヶ月を経過した日とされています。

障害認定日とは(特例)

そもそも障害とは、傷病が治っていなくて、医師の所見等から症状が固定して、これ以上の治療の効果が期待できなくなった状態のことをいいます。

次のような場合は、原則と異なり1年6ヶ月経過していなくても、前述したとおりの状態に至ったとされ、その日が障害認定日として取り扱われます。

1.四肢の外傷で切・離断したものについては、原則として切・離断した日(障害手当金を支給すべきときは、創面が治癒した日)

2.人工骨頭・人工関節については、挿入・置換した日

3.心臓ペースメーカー・人工弁については、装着した日

4.人工透析については、透析開始から3ヶ月を経過した日

5.人工肛門については、人工肛門を造設した日

6.新膀胱または尿路変更術については、施行した日
メニュー(障害年金お役立ち知識)へ




お問い合わせはこちらへ(社会保険労務士 暁事務所)
お電話からのお問い合わせはこちら
☎0952-60-3464
(受付時間:平日09:00~17:30)

メールからのお問い合わせはこちら
✉メールフォームへ
コールセンター|社会保険労務士 暁事務所(佐賀県佐賀市)
お気軽にお問い合わせください…


<スポンサーリンク>